不動産の経営

机の上の資料とペン

不動産投資は数ある資産運用方法の中で、比較的リスクが少ないとされています。しかし、その不動産投資とて、リスクは存在しています。 不動産投資のリスクとは、借り手が見つからないことです。このリスクを回避する方法は、所有する部屋数を多くすることです。不動産投資というと、マンションの1部屋を購入し、それを貸し出すというイメージがありますが、それでは借り手がいない確率が高くなってしまいます。しかし、多くの部屋を所有していれば、すべての部屋で借り手がいないという確率は低くなりますから、リスクが回避できるのです。ですから、最も良い不動産投資は、自動的に多くの部屋を所有できるマンション経営ということになります。 ただ、そうなると今度は、素人がマンション経営を行うというリスクが発生してしまいます。確かに素人がマンション経営を行うことは高リスクです。ただ、このリスクも回避可能です。マンション経営をサポートすることを業務にしている会社がありますから、その会社をパートナーとすれば、リスクを回避することができるのです。

但し、当たり前ですが、マンション経営をするためにはマンションを1棟購入しなければなりませんから、多額の資金が必要となります。ですから、マンション経営成功の理論は理解できても、実際に行うことは難しいと感じる人も多いことでしょう。 しかし、必ずしも難しいわけではないのです。なぜなら、ローンが利用できるからです。一般的には、マンションの販売価格の2割程度資金を用意していれば大丈夫だと言われています。ですから、資金を少額しか用意できなくても、十分、始められるのです。 また、新しいマンションにこだわる必要はないのです。古くても、魅力的なマンションは数多くありますし、古いマンションの方が立地条件が良い場合も往々にしてあります。 当然、古いマンションの方が販売価格は安くなっていますから、古いマンションならば用意する資金は、より少額で済むことになります。中には、新築マンション1部屋分の価格で丸々1棟販売されている、お得なマンションもあります。